暮らす・働く

台風24号、勝浦で最大瞬間風速40メートル 外房の一部で停電続く

砂が積もった道路(御宿)

砂が積もった道路(御宿)

  •  

 大型で強い台風24号は関東エリアで9月30日の夜から10月1日の早朝にかけて暴風雨をもたらした。

道路標識が折れて飛ばされた様子

 御宿では、30日には各店舗で台風に備えて準備をするため営業を中止するところも見られた。

[広告]

 気象庁によると、勝浦で1日の1時17分に最大瞬間風速40.3メートルを観測した。

 御宿では、道路標識が折れたり、沿岸部の砂が道路に上がったたりしたが、大きな被害は見られなかった。

 JR外房線では台風による設備点検の影響で千葉~上総一宮駅間の上下線で運転を見合わせていたが、11時29分頃に運転を再開した。上下線の一部列車に遅れと運休が出ている。

 外房エリアでは、現在(13時10分)いすみ市、大多喜町、勝浦市、鴨川市の一部で停電している。