見る・遊ぶ 暮らす・働く

勝浦で「乗り捨て型レンタサイクル」サービス開始へ 提携施設で特典も用意

貸し出しを行う自転車

貸し出しを行う自転車

  •  
  •  

 勝浦市観光協会(勝浦市墨名)が4月2日、乗り捨て型レンタサイクル「レンタサイクルでGO!」のサービスを始めた。

 貸し出すのは電動自転車で、「KAPPY(カッピー)ビジターセンター」(勝浦市墨名)をスタートし、「大多喜本陣」(大多喜町大多喜)で乗り捨てできる。国道297号線をメインに走行距離約20キロのコース。最大標高差は約100メートルで、所要時間は90分~120分程度という。

[広告]

 コース内には、四季折々の花が楽しめる「花野辺の里」(勝浦市新戸)、日帰り入浴が可能な「勝浦つるんつるん温泉」(同市松野)、朝採れ新鮮野菜やタケノコなどの里山の産物などを販売する「道の駅たけゆらの里おおたき」(大多喜町石神)など観光施設や観光資源がある。

 同サービスでは、出発地の「KAPPYビジターセンター」で「プチお土産」を進呈するほか、「道の駅たけゆらの里おおたき」で使えるソフトクリーム購入補助券や「勝浦つるんつるん温泉」の入浴割引券も特典として付ける。

 同観光協会スタッフは「国道297号線をメインに勝浦から大多喜間で、海と山の観光がつながるルートとなっている。天気がいい日は気持ち良く走れると思う。レンタサイクルを楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は平日のみ9時~16時(受付は12時まで)。利用料は1,200円。利用には要身分証提示。問い合わせ・予約は、一般社団法人勝浦市観光協会(KAPPYビジターセンター内)(TEL 0470-73-2500)まで。5月31日まで。

  • はてなブックマークに追加