3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

一宮町・東浪見で地引網体験 「自然の大切さ」伝える

前回のイベントの様子

前回のイベントの様子

  •  
  •  

 一宮町の東浪見(とらみ)海岸で8月5日、「TORAMI beach 地引網体験」が開催される。

 今年で5回目の開催となる同イベントは自然の大切さを伝えることや海水浴が禁止されている東浪見海岸のビーチで、地元漁師の協力を得て地引網体験を通してみんなで遊ぶことなどを目的としている。毎年子どもたちが夏休みに入った後に開催しているという。

[広告]

 主催する一宮町在住の安江尚晃さんは「『ペンション サードプレイス』の隣に昔からやっている民宿があり、そこのお父さんが漁業権を持っている。息子さんとは学生時代から20年来のつながりがあり、5年前からイベントに協力してもらっている」と話す。「今は東浪見ビーチは海水浴禁止だが、昔は海水浴ができた。イベント当日は1日限定で水回りの設備も整え、大々的にビーチで遊べる」とも。

 当日は東浪見海岸に集合した後、地引網漁師による説明を受け、実際に地引網を体験する。魚の捕り方を学ぶほか、危険な魚の説明なども受けられ、捕れた魚を漁師がその場でさばいてくれるという。捕れた魚は持ち帰ることができる。

 安江さんは「天気によって左右されてしまうが、晴れだったら当日誰でも気軽に参加できるイベントなのでぜひ参加していただき、楽しんでいただければ」と呼び掛ける。

 安江さんと一緒に主催する「ペンション サードプレイス」を経営する橋本敏宗さんは「千葉で捕れる魚を見て自然を感じてもらいたい。ごみをポイ捨てしないなども教えられれば。昨年は不漁だったので、今年は大漁を目指して協働で頑張りたい」と意気込む。

 「ペンション サードプレイス」で8時30分~9時の間、受け付けを行う。参加料金は、大人=1,000円、子ども=500円。駐車場料金は別途1台=500円。

Stay at Home