買う

勝浦が「ふるさとチョイス」感謝券キャッシュレス化 寄付促進や転売禁止へ

「ふるさとチョイス」アプリ画面

「ふるさとチョイス」アプリ画面

  •  
  •  

 勝浦市が11月30日、「ふるさとチョイス電子感謝券」を導入した。

 ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画、運営する「トラストバンク」(東京都目黒区)が手掛ける、QR決済で地域のお礼の品と交換できる寄付者向けアプリ。ふるさと納税の感謝券は、ふるさと納税のお礼の品として自治体が定めた加盟店での宿泊や食事に利用できる券で、電子感謝券は、転売防止、運営・管理コストの削減などを目的として感謝券を電子化したもの。交流人口の拡大やキャッシュレス体験を通じた寄付の促進、経費削減に伴う地域への還元、デジタル感謝券による転売防止を目的としている。

[広告]

 従来の「ふるさとチョイス 電子感謝券」では加盟店がスマートフォンと専用アプリを準備する必要があったが、寄付者向けアプリのリリースと合わせて、加盟店側は店舗QRコードを置くだけで導入できるようになった。加盟店側には決済または利用に関する手数料などは原則発生しない。

 今回同サービスを導入した自治体は勝浦市をはじめ、埼玉県鳩山町や長野県須坂市、岐阜県下呂市など合計7団体で、今後も拡大する予定。

  • はてなブックマークに追加