見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

関東甲信地方で「梅雨明け」 夏本番、御宿海岸で「海の家」営業始まる

「Beach House HINOMARU」

「Beach House HINOMARU」

  •  

 御宿海岸で現在、「海の家」が夏本番に向けて営業準備に追われている。

御宿海岸

 気象庁は6月29日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。 同庁によると、関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは1951(昭和26)年の統計開始以降最も早い記録という。平年より22日早く、昨年より7日早い。

[広告]

 御宿海岸では6月29日、日中気温が29度にまで上昇した。

 同海岸では7月14日、海開きと「ビーチサッカー大会」が行われる予定で、訪れる人も多くなる。同町では6月14日から「海の家」の設営が始まり、現在、岩和田海岸3店、中央海岸5店、浜海岸1店の計9店が営業を予定している。

 梅雨明けを待っていたのが6月23日に御宿中央海水浴場(御宿町須賀)で「海の家」をオープンした「Beach House HINOMARU」。

 メニューは、「イカ刺し」(600円)、「カレーライス」(700円)、「ネギトロ丼」(1,000円)、「焼きはまぐり(4個)」(1,000円)、「かき氷」(400円~)などを用意する。

 同海岸で60年以上続く海の家を経営している3代目店主の君塚勇気さんは「梅雨明け初日の今日は風が強くて海に訪れた人は2~3人。あとはサーファーが何人かいたくらい」と話す。「昨年生まれた、1歳の看板娘が歩き始めた。今年も多くの人に御宿の魅力を感じていただければ」とも。

 勇気さんの妻の奈津子さんは「昨年は天気があまりよくなく、例年より人が少なかった。今年は天気にも恵まれて、たくさんの人にきていただきたい」と話す。