暮らす・働く 学ぶ・知る

鉄道カラオケシリーズ第6弾は「いすみ鉄道」 車掌アナウンスなどを体験

車掌のアナウンス

車掌のアナウンス

  •  

 エクシング(愛知県名古屋市)とテイチクエンタテインメント(東京都港区)は7月20日、いすみ鉄道(大多喜町大多喜)協力の下、JOYSOUND「鉄道カラオケ」の第6弾として、房総半島のいすみ市~大多喜町間を走る「いすみ鉄道」の配信を始めた。

カラオケで表示されるテロップ

 鉄道カラオケは、「出発進行!」「間もなく~です」など鉄道の運転士・車掌が行うアナウンスをカラオケで体験できるもの。テロップに合わせ読み上げることで運転士や車掌になりきって楽しめる。

[広告]

 同作では、いすみ鉄道「普通いすみ300形大原行き」の運転席からの臨場感のある前面展望映像とともに、いすみ鉄道が監修した運転士喚呼と車掌アナウンス、自動放送をカラオケとしてテロップ表示。架線の無い高い空の下続く牧歌的な単線風景、進行方向に突如広がる桜と菜の花の共演などのパノラマ映像を楽しみながら「ドア閉め!点、発車!」「進行方向左手をご覧いただきますと~」など、ローカル線ならではの喚呼・アナウンスが体験できる。

 今回配信するのは、「上総中野出発」編、「久我原~東総元」編、「小谷松~大多喜」編、「上総中川~国吉」編、「大原到着」編の全5編。これまでの「京浜急行電鉄」「東武鉄道/東武東上線」「東京メトロ/丸ノ内線」「南海電鉄」「西武鉄道」に今回の「いすみ鉄道」が加わり、配信中の鉄道カラオケは全6路線になった。

 同鉄道の職員は「運転士や車掌のアテンダントのテロップが表示されるので、乗務員になりきって楽しんでいただければ」と話す。