天気予報

20

12

みん経トピックス

いすみ市で登壇イベント鴨シーでイルカが出産

外房・鴨川で「ジャンボかぼちゃコンテスト」 優勝カボチャ300キロ超え

外房・鴨川で「ジャンボかぼちゃコンテスト」 優勝カボチャ300キロ超え

カボチャを計量する様子

写真を拡大 地図を拡大

 「みんなみの里」(鴨川市宮山)で9月10日、「千葉県ジャンボかぼちゃコンテスト」が開催された。

エントリーしたカボチャ

 1993年~2008年の15年間、町おこしの一環として「ジャンボかぼちゃ大会」を開催していた鴨川市では、毎年大きなカボチャを作って参加していた人から「カボチャの日本大会に出場したい」との声を受け、2009年からイベント名を変更して復活開催している。

 8回目となる同コンテストは、香川県小豆島で毎年行われる「日本一どでカボチャ大会」の千葉県大会として位置付ける。出品者は、育てたカボチャの重さを競い合う。カボチャの品種は競技用として知られる「アトランティックジャイアント」。

 この日は、農家、サラリーマン、食料会社社長、庭師、サーファー、市議会議員など計31人が参加。優勝したカボチャは389キロだった。

 「みんなみの里」事務局長は「毎年40~50人が参加するが、今年は少なかった。毎年エントリーする人の中に、悪天候のせいでカボチャが腐ってしまって断念した人が数人いた」と残念がる。「今年は湿気が多く、痛みも出てしまったが、色はそろっていてよかったと思う。美人カボチャが多かった」と振り返る。

グローバルフォトニュース