食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

御宿の町営プール、今季営業に向け準備着々 出店やイベントで集客向上目指す

(写真)設営中の御宿町営ウォーターパーク

(写真)設営中の御宿町営ウォーターパーク

  •  
  •  

 御宿町が運営する「御宿町営ウォーターパーク」(御宿町須賀)で現在、今季営業開始に向け着々と準備が進められている。

写真(御宿町営ウォーターパーク売店前テラス)

 1994年に完成した同施設。1周127メートルの「流れるプール」や「多目的プール」など3つのプールのほか、全長74メートルの「川下りスライダー」や「直線スライダー」など3つのスライダーを備える。

[広告]

 昨年度は来場者数が1万7412人とそれまでより減少したこともあり、今シーズンは来場者数増と地域の子どもたちの憩いの場になることを目指し、学校の机を置き宿題などをプールでできるコーナーを設置するほか、提供する食事の種類を増やし、揚げ物やピラフなどの100円メニューを取り入れ子どもが連日利用しやすいようさまざまな取り組みを行う。

 7月14日~7月16日はプレオープン期間として、14日は無料開放(10時~15時)、15日・16日は売店以外を営業する。アルコール、ビン類以外の飲食物の持ち込みに対応する。正式オープンは7月20日。

 御宿町役場産業観光課の山口智也さんは「今年は地元の子どもたちに集いの場としてたくさん利用してもらうため、多くの工夫を凝らした。プールを友達との集合場所に使ってもらったり、宿題をしたり、気軽に使ってもらえれば」と話す。

 入場料は、大人(高校生以上)=1,200円、小学生以下・70歳以上=500円。15時以降は入場料を値引きする。

 営業時間は9時~17時。8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加